FC2ブログ

健康基準の見直しへ!-日本人間ドック学会

健康基準の見直しへ!―日本人間ドック学会

健康な人が増える!?-新健康基準27項目を公表

4月5日、驚くことがありました。日本人間ドック学会が、血圧やコレステロール、肥満など、健康診断での基準値(健康か病気かを決める数値)を大幅に改定するというニュースがありました。以前、学会では高コレステロール血症の診断基準値を厳しくしたため、病気と診断された人が大幅に増えたことを思い起こしました。今回、その逆の報道であったために大変驚いたわけです。

さて、日本人間ドック学会は、全国200施設の150万人の健康診断情報をベースに、がん・高血圧症・糖尿病などの病気でなく、薬を飲んでない、非喫煙者の34万人(超健康人と表現される)のデータをピックアップ、そのうちの1万人を詳細に解析したようです。これは過去に例のない母集団ですので、信頼度の高い基準値につながっていると考えてもいいと思います。その解析結果(事実)に基づき、27項目にもわたり、正常値・異常値の判断(診断基準値)を見直して、新たな基準値を公表したのです。
現在の基準値に、例えば日本動脈硬化学会が定める総コレステロール値 220mg という基準値に他学会からの批判があり(世界のコンセンサスは240㎎)、BMI値では肥満と診断されるBMI値 25を超える肥満度1(いわゆる小太り)がもっとも長命との報告が相次いでおり(世界でも同様)、BMI値だけで肥満を判断することに批判が大きいわけです。メタボ検診でも男性85センチという胴周り基準値への批判があります。基準値は「病人を決める定義」ともいえますので、この数字で何万人、何十万人という新病人(患者)が生まれたり、減ったりします。医師団体の学会が決める数字によって病人になったり、健康になったりと・・・ちょっと不思議な気になりますね。しかし、これが西洋近代医学の考え方なのです。西洋近代医学では検査をして、その検査値で病気か健康かを決めるからです。ですから、病気かどうかの判断では一人ひとりの個性(体質)は考えずに、誰でも同一、一律に決めることになります。感染症は感染しているかいないかを一律に判断すればよさそうです。しかし、高血圧症など機能性疾患の判断(診断)では、その人のもつ個性(体質)を考えずに果たして判断できるのか、これにはちょっと疑問も感じるわけです。

西洋近代医学とその課題

西洋近代医学は「明確さ」を追求して発展してきた医学です。西洋ルネッサンス期のデカルト哲学はあやふやなモノを排斥し、明確なモノだけを学問(科学)の対象にしました。西洋近代医学はこのデカルト哲学の影響を受け、病気と心の関係を分断し、医学はカラダ・臓器(モノ)だけを対象にしたわけです。そして、高血圧症の判断基準値が85-130というように「明確(数値)にして、病気か健康か二者択一」する医学として発展してきたのです。
しかし、「白衣性高血圧」のように、病院に行くと高血圧症という病気(病人)になり、家庭にいると健康(人)だという人がいるわけです。これは、心因性高血圧といっていいわけですが、心の動き(感情・反応)がカラダに影響を与えている事実です。多くの病気の判断(診断)でこうしたことが見られるわけです。心の健康とカラダの健康(病気)を分断した西洋近代医学は今大きな課題にぶつかっているといえるのです。

WHOの議論

WHO(世界保健機関)では健康の意味に関連し、「Dynamic State」という議論をしています。これには「病気と健康は段階的な違いである」という意味があります。ところが、西洋近代医学の本質と相容れないため、まだ結論には至っていないようです。西洋近代医学は「病気か健康か、いずれか」という二者択一思考があります。そして、この「病気と健康は段階的な違いである」という考え方は東洋医学(中国医学)の本質にある考え方です。WHOではもう一つ「Spiritual」について議論しています。「心、魂」ですが、まさにデカルトが排斥したあやふやなモノなわけです。このあやふやなモノ(心)をもったモノこそ人間であるという考え方、デカルト哲学への対立軸といえる変化が世界の医学界で起こりつつあるのです。一方、東洋医学は「人間をあやふやなモノ(心)をもった複雑なモノ(臓器)」とみています。そして、東洋医学では、健康か病気かの二者択一ではなく、病気と健康のどの段階にあるかを判断(診断)します。「未病」(みびょう)=病気といえないが、健康といえない。治療(予防)しないと、いずれ病気になるという診断はその一つです。
今、医学の世界では、西洋近代医学に東洋医学の本質をとり入れ、新たな医学を模索しているといってもいいでしょう。いわば、その東西融合医学を高いレベルで実践している日本の医学はトップランナーともいえるのではないか、そう思うわけです。

健康と病気の新基準値(日本人間ドック学会)

以下、今回公表された新基準値も西洋近代医学の考え方で「健康か病気か」二者択一するために決められた数字です。上でお話した通り、、実際は ①健康と病気は段階的な違いであること ②個人差(特に60歳以上)が大きいこと、この二つをアタマにおいて参考にする必要があるでしょう。また、基準値は、旧基準値であっても新基準値であっても、一律に決められた数値ですから、個人差は考慮されていないわけです。現実にも「ほぼ病気といえる健康人」や「ほぼ健康といえる病人」がいるように、健康と病気はまさに段階の違いであるということです。

◆高血圧症の基準値(旧・新とも男女:年齢問わず)   
①拡張期血圧(下) 正常値  85mmHg未満(旧)
 ⇒ 51- 94mmHg(新)
②収縮期血圧(上) 正常値 130mmHg未満(旧)
 ⇒ 88-147mmHg(新)

◆高コレステロール血症(高脂質血症)の基準値     
①総コレステロールの正常値 140-199mg/dl(旧・男女:年齢問わず)
 ⇒ 151-254mg/dl(新・男性:年齢問わず)
 ⇒ 145-238mg/dl(新・女性:30-44歳)
 ⇒ 163-273mg/dl(新・女性:45-64歳)
 ⇒ 175-280mg/dl(新・女性:65-80歳)
*女性では年齢とともにホルモンの影響を受けるため、加味された。

②LDLコレステロールの正常値 60-119mg/dl(旧・男女:年齢問わず)
 ⇒ 72-178mg/dl(新・男性:年齢問わず)
 ⇒ 61-152mg/dl(新・女性:30-44歳)
 ⇒ 73-183mg/dl(新・女性:45-64歳)
 ⇒ 84-190mg/dl(新・女性:65-80歳) 
*女性では年齢とともにホルモンの影響を受けるため、加味された。

③トリグリセライド(中性脂肪)の正常値 30-149mg/dl(旧・男女:年齢問わず)
 ⇒ 39-198mg/dl(新・男性:年齢問わず)
 ⇒ 32-134mg/dl(新・女性:年齢問わず)

◆肥満の基準 正常値 BMI値 25未満(旧・男女とも:年齢問わず)
 ⇒ BMI値 18.5-27.7(新・男性:年齢問わず)
 ⇒ BMI値 16.8-26.1(新・女性:年齢問わず) 

◆肝炎関連の基準値 γ-GTPの正常値 0-50/UI(旧・男女:年齢問わず)
 ⇒ 12-84/UI(新・男性:年齢問わず)
 ⇒  9-40/UI(新・女性:年齢問わず)

◆糖尿病関連の基準値 HbA1cの正常値 5.5%以下(旧・男女:年齢問わず)
 ⇒ 4.97-6.03%(新・男性:年齢問わず)
 ⇒ 4.83-5.83%(新・女性:30-44歳)
 ⇒ 4.96-6.03%(新・女性:45-64歳)
 ⇒ 5.11-6.20%(新・女性:65-80歳)
*女性では年齢とともにホルモンの影響を受けるため、加味された。

新基準値は明年4月から施行

今回、27項目にわたる見直しがあったということですが、新基準は本年6月に決定され、明年4月から施行されるようです。ただ、この基準値はそれぞれの分野の専門学会も独自に定めていて、学会間での連携がはかれるのかどうか、すなわち医学会全体(医師全体)としてコンセンサスになるのかどうか、それが未だわかりません。しかし、人間ドック学会は極めて幅広い健康診断情報をもった団体であり、これまでの基準値よりは信頼できると考えていいのではないかと思います。
問題になるとすれば、健康診断で「病気」と診断される人(=病人)が減りますので、医療機関を受診する病人も減ることになります。医療機関の経営にマイナスになるかも知れません。真に患者のための経営努力が求められるでしょう。また、これまでの基準値で病気と診断されて、現在、お薬を飲んでいる人が、突然 薬をやめると健康を害する可能性もあります。自分自身の健康のために、主治医ときちんと話し合ったうえで今後の対処をするようにしましょう。

スポンサーサイト



テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

高原 裕一

Author:高原 裕一
Super Wellness Advisor 高原裕一です。私たちの健康は(遺伝子は別に)体にとりこむ「空気や水、食生活」で60%が決まります。そして「身体活動(運動)」の基本は歩くこと。あとは少しの「心を潤す時間(精神生活)」。ウエルネス-それは瑞々しい自分との出会いです。リコピンスペシャリスト&快眠アドバイザー 高原裕一のウエルネス応援エッセイ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
10931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アンチエイジング
1954位
アクセスランキングを見る>>
Welcome to WELLNESS!
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR