FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代サプリメント事情-サプリメントで栄養摂取?

現代サプリメント事情-サプリメントで栄養摂取?

サプリの設計と原材料

サプリメントを摂る目的は明確でしょうか。このごろのサプリには、あれもこれも配合されて、いったい何を摂ることを目的に設計されたのかわからないサプリメントがあります。消費者は、これも入っている、あれも入っていると、何か得したような気になるのでしょうか。
確かに、実際に原材料表示を読むと、盛りだくさんの原料名が書いてあり、サプリの設計目的や性格がまったく理解できない製品が多くなってきました。また、そうした製品が1,000円とか、2,000円で販売されていたりするわけです。一方に、原材料としては3~5原料程度しか使われないサプリがあり、それが5,000円で販売されているわけです。価格も相当な差があります。

サプリメントは栄養補助食品

ダイエタリーサプリメントとよぶ米国では、消費者教育法(DSHEA)という法律があり、サプリメントの情報開示が法律によって管理されています。そして、サプリメントは食生活を補助する食品として位置づけられているわけです。その背景にある考え方は、病気を治すためには薬だけでなく、栄養(食品)にも役割があるという考え方です。ですから、治療で医師もサプリメントを用いることが多いわけです。
ただ、そうした考え方がありますので、サプリメントの成分は特定され、配合量も高く、日本のサプリメントの3倍から10倍程度配合されるのが普通です。また、FDAという機関(日本の厚生労働省)では薬のようにサプリメントを同じように管理、監督しています。
サプリメントを摂る目的は健康のためですから、こうした米国のダイエタリーサプリメントの考え方は、きわめて理にかなっているといえます。そのために、製品情報(特に成分情報)がきちんと表示されること、消費者がそうした情報を理解することがサプリメント選びでは重要になります。

サプリメントで栄養摂取?

米国のサプリメントは単成分(ビタミンEなど)または2~3成分でつくられます。それに対し、日本では2~3成分以下というのは少なく、10以上、多いものでは30くらいの成分が配合されているものがあります。
いくら栄養素や機能成分が天然物でも、10成分、20成分が一つになったサプリとしての性質はわかりませんから、こうしたことは、そのサプリメントでどのような健康増進効果が期待できるかわからずも、何かの役に立つでしょうという程度でサプリメントを摂っていると思われます。
その一方、毎日の食生活をどれだけ気にかけているかです。本来、サプリメントは栄養補助食品ですから、食生活を補助するための食品です。しかし、そうした多原料で多成分のサプリを見ると、食生活ではまるで栄養はいらないかのようにも見えてきます。実際にコンビニで販売されているサプリメントを、毎日3種類(一つのサプリで10成分以上)摂っているという方がいて、毎日30以上の栄養成分や機能成分を摂っていることになります。本人も、毎日これだけ栄養を摂っているから、そう簡単に病気にはならないだろうと言っています。
食生活は見直さず、サプリメントだけは摂るというのはいかがかと思うわけです。栄養はサプリメントで摂る時代になっているのでしょうか。

サプリメントの効果と製品設計

サプリメントの製品設計では、まず、どのような健康増進効果を期待するかを決めますその効果を期待できる原料を選んで、そのサプリの主原料として決定します。その後で、主原料に期待できる効果を最大限に高めるための副原料を選びます。副原料には、主原料の性質を考え、主原料の効果を高める原料を選びます。このときに、主原料を生かすために必須の原料というのもあります。リコピンではオリーブオイルが必須の副原料として配合されるわけです。このように、サプリメントを選ぶ場合は、製品設計がきちんと見えるものを選ぶのが大切です。原料とされる野菜や動物も天然物ですが、10種類とか20種類も配合されると合成成分が配合されることも多く、注意が必要です。
天然物の成分は合成成分ほど強くはありませんが、同じ成分が重なった場合に思わぬ健康被害が現れる可能性があります。こうした配合原料の多いサプリメントの多くは製品設計が見えにくくなっています。どういう目的で配合されたのか、その設計に疑問、問題があるといわざるを得ない製品が散見されます。
そもそも、10も20も原材料が使われるサプリメントというのは、製品設計はもちろん、性質や効果もほとんどわからないわけです。サプリをつくった会社でもきっとわかっていないでしょう。一つひとつの成分は確認できても、5種類、10種類を混ぜたときの効果はわからないからです。まして、1回ではなく、毎日、毎月継続していくときの効果はわかりません。

食生活(栄養バランス)+栄養補助食品(サプリメント)

健康、ダイエットでは毎日の食生活を見直し、栄養バランスを設計し直すことを第一に行いましょう。その後、嗜好、ライフスタイルを確認して、摂るサプリメントを決定します。これによって、栄養をサプリメントから摂るという発想がなくなり、どんな栄養成分や機能成分を補給するのかを明確にします。それからが製品選びです。
製品設計がしっかり考えられた、天然素材成分を原料にしたサプリメントを選びましょう。あれもこれもたくさん配合されているから・・・という発想で選ぶのはやめましょう。サプリメントはしっかり設計されることが大切ですから、原材料はできるだけ5種類以下(最大でも10種類以下)のものを選ぶようにしましょう。そして、その設計を自分でも理解できる、そうしたサプリを選ぶようにしましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 健康食品 サプリメント
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

高原 裕一

Author:高原 裕一
Super Wellness Advisor 高原裕一です。私たちの健康は(遺伝子は別に)体にとりこむ「空気や水、食生活」で60%が決まります。そして「身体活動(運動)」の基本は歩くこと。あとは少しの「心を潤す時間(精神生活)」。ウエルネス-それは瑞々しい自分との出会いです。リコピンスペシャリスト&快眠アドバイザー 高原裕一のウエルネス応援エッセイ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
2639位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アンチエイジング
681位
アクセスランキングを見る>>
Welcome to WELLNESS!
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。