FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100歳以上 58,000人!

100歳以上 58,000人!

長寿高齢と非婚少産

総務省は敬老の日を前に、最新の人口推計を発表しました。
それによると、総人口(1億2,720万人)のうち65歳以上が3,296万人(25.9%)、14歳以下が1,624万人(12.8%)となっています。秋田県・高知県は65歳以上が31%超、山口県・島根県を加えた4県は既に30%を超えています。さらに、市町村での統計では、いわゆる「限界集落」が加速度的に増加している事実が明らかになっています。
現在の日本は「子ども」の2倍以上の人が65歳以上で、長寿・高齢社会であることは鮮明になってきました。また、「子ども」とほぼ同じ1,590万人(12.5%)が75歳以上で、100歳以上の人が58,000人ということを考えると、この長寿・高齢社会に見合う社会の整備が緊急に求められているといえます。
一方、オギャーと生まれる子どもは年々減少し、現在100万人程度、近い将来(15~20年)には80万人程度に減少すると見込まれています。日本は既に亡くなる方(約120万人)が生まれる子ども(約100万人)より多い、人口自然減国になっています。
わずかに10年前、生産年齢人口(15歳~64歳)の4人が1人の高齢者(65歳以上)を支える社会でしたが、現在では2.4人が1人の高齢者を支える社会になっています。今後、生まれる子どもはさらに減少していき、65歳以上の人は毎年100万~120万人増加していきます。そして、今40歳代、50歳代という人も、これまでの発想で10年後、20年後の引退生活を考えることはできない状況が既に見えているわけです。10年後、65歳以上の人が全国平均でも30%を超えること、秋田県や高知県などの数県では40%に近づくことがほぼ確実視されています。この背景に、「人口の半分以上が65歳以上」という「限界集落」が加速度的に拡大していくことがあります。限界集落とは、過半数が65歳以上で、結果、将来消滅してしまうであろう集落のことですが、まるで日本全体が限界集落になってしまうのではないかという、今それほどの勢いで長寿高齢・非婚少子社会は進展しています。

また、社会福祉の根幹である年金制度はこの長寿高齢社会と非婚少子社会で、もはや制度として成立しえない状況にもなっています。それは、現在の年金制度は「継続的人口減社会では成立しえない仕組み(制度設計)」になっているからです。生産年齢人口が拡大していく社会構造の下でしか成立しない制度なのです。生まれる子どもの減少は近い将来(18~22年)、生産年齢人口の減少であるため、税金や年金を納める人がどんどん減少していくということを意味します。病気治療のための健康保険制度もほぼ同様です。保険を使う人(高齢者)が増大し、納める人が減少しますので、これもまたこれまでの延長線で考えることはできないのです。

さて、非婚少子社会に関してはさまざま理由はあると思いますが、多くは結婚したい(人生という時間を共におくる)相手がいない、結婚という社会制度に魅力がないということでしょうか。近年、男女とも30歳前後で結婚し、第1子の誕生は30歳代前半がもっとも多く、次いで30歳代後半、そして20歳代後半となっており、30歳代の出産が一般化しています。一方で、30歳時の独身率は男女ともに既婚率より高く(独身が過半数)、生涯独身率(50歳時の独身率)は男性20%、女性14%とも報道されています。
スウェーデンなど北欧諸国やフランス、イギリスなどでは「結婚」だけでなく、「事実婚」、「同棲」という形で生まれる子どもも多いそうです。いわば、そうした家族制度が社会でも認知されているわけです。そうしたことで、女性の出産も上向いてきたといわれます。結婚という制度からではなく、子どもが生まれているわけです。翻って、日本(あるいは東洋諸国)はどうでしょうか。日本は世界でもっとも精緻といわれる「戸籍」という制度があります。戸籍は結婚によって新たに生まれ(新規に編さんされる)、戸籍は「夫婦とその子ども」で成り立っています。日本でも事実婚や同棲で生まれる子どもはいますが、欧米諸国から見れば少ないといえるでしょう。日本では、結婚という制度を通じて生まれる子がほとんどすべてであるため、結婚が子どもの出産とパラレルになっているわけです。そのため、非婚では子どもが産まれないわけです。欧米は結婚と出産がパラレルとはいえないため、結婚していないカップルにも子どもがいることが多いわけです。
さて、日本の100年後を見据え、私たち、そして日本が歩むべき道はどのようなものでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

高原 裕一

Author:高原 裕一
Super Wellness Advisor 高原裕一です。私たちの健康は(遺伝子は別に)体にとりこむ「空気や水、食生活」で60%が決まります。そして「身体活動(運動)」の基本は歩くこと。あとは少しの「心を潤す時間(精神生活)」。ウエルネス-それは瑞々しい自分との出会いです。リコピンスペシャリスト&快眠アドバイザー 高原裕一のウエルネス応援エッセイ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
10825位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アンチエイジング
2053位
アクセスランキングを見る>>
Welcome to WELLNESS!
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。